FC2ブログ
2009.10.04   名月や
仲秋の名月。
夕べは、ゆっくりしている時間がなかったので、今夜じっくり月を見ている。

月を見ているのか、自分を見ているのか、わからなくなる。

月の饒舌さに負けないように、自分をさがしてみる。
そんなあわてた自分を見られているようで、勝とうなんて思わないようにしてみる。
それもまた、見透かされているようで、ああ、もう、お手上げだ。
わかった、わかった。俺は小さいよ。
この一月、自分の小ささと向き合っていくんだよな。
そうだろ。

まともに向き合って、歯が立たないときは、強いやつの話でも引っぱりだしてみるか。


うつくしや 障子の穴の 天の川


季節違いか。
しかし、おそるべし。  小林一茶。


スポンサーサイト



2009.09.16 いつも見る空
いい季節になった。
何がいいって、空がいいのである。
空マニア、雲マニアの僕らにとっては、本当に気持ちのいい季節になった。

もちろん、春も夏も冬もそれぞれにいい。どの季節の空もみんな好きだ。
でも、やっぱり秋は空が高く澄んでいて、雲のようすがさまざまに変化する。
毎日が大パノラマ展覧会なのだ。

よく空を見ながら歩いていて、何かにけつまづく。
もっと足元をよく見て、しっかり歩きなさい、とずっと言われてきた。
そうだよなあ。足元をよく見ないとなあ。

ずっと空ばかり見て歩いてきたのかもしれない。
これからは、足元もちゃんと見るようにしよう。

空、そして雲。これを見る喜びを知らないなら、こんなにもったいない話はない。
せっかく地球にいきてるんだもんね。

9/16の空
今日の空  二子玉川にて