FC2ブログ
未来を夢見て、都会へ上京。
そのとき、故郷に残してきた初恋の人が、ある日突然、とっても素敵な大人の女性になって自分の前に現れた。
そんな感じだろうか。

わが愛車、KAWASAKI W650の「緑馬」を売却して約2年。
売ったその日から毎日毎日、ネットで中古バイクの情報を見てはため息をつく日々だった。
さんざん悩んで、バイクを降りる決心をしたくせに、なんともイジイジした情けない男である。

実は最近、知り合いの方から、中古バイクでいいのがあるから買わないか、と誘われたりして、心が傾きかけていたのだった。それは DUCATI の ST2 だったり、BMW の R100R だったりした。どちらもすごく魅力的で、かなり乗り気になっていた。

そんなこの2月。KAWASAKI からなんと W800 が発売された!
今や世界で最も排気ガス規制が厳しい日本であるが、W650 は、そのクラシカルなデザインとコンセプトのために吸気システムがキャブレターであり、そこが引っかかって2008年以降、生産を中止していた。
その「ダブロク」が、吸気システムをキャブレターからコンピュータ制御のインジェクションに換え、さらに排気量を675ccから773ccにボアアップして、W800 となって新たにデビューしたのだ。



最後の勇姿
かわいい愛車 W650の緑馬

そしてこれが、昨日、試乗した新型 W800 だ。

CA270040.jpg

デザイン、サイズに大きな変更はなく、W650 のいいところはすべて継承されている。さらに細々した改良がなされ、かゆいところに手が届くうれしい再デビューだと思う。
試乗してみた感じでは、中低速でのトルクがさらにアップし、ますます乗りやすくなっている。


さあ~ これからどのような展開になりますやら。




img_71097_7269491_0.jpeg
それにしても美しいバイクだ。見飽きることがない。











スポンサーサイト