FC2ブログ
2011.04.14 ここしばらく
3月11日午後。 
僕は確定申告のため、玉川税務署にいた。この時期、申告のために集まる世田谷区民の一人として長い行列の中にいた。
そこで地震に遭遇した。
その混乱の瞬間から、僕なりの人間ウォッチングがスイッチオンとなった。
自分は、どう生きるつもりなのか、どう生きるべきと思うのか、どう生きれるのか。
それを自分に問うことと同じ動きで、自然に人間ウォッチングをし始めた。
こういうことはきっと、もっと若い時期にみんなやっていることなのかもしれない。
でもなんでもすべて奥手な僕は51才の今、ようやくそんなことを始めた。

今まで僕は、自分のことを突き詰めていけば、人間て何なのかわかるんじゃないか、そう考えていたように思う。でも、当たり前のことだけど、自分とは違う感覚を軸に生きている人の方が人数的に遥かにたくさんいる。

この1ヶ月、人にはいろんな意見があるんだな、と改めて思った。
もちろん、正解なんてない。
そういう、多様な価値観の中で、自分の音楽をどう表現していくのか。
僕は、音楽をやっていることで、人とどう関わっていくのだろう。どうやって何かの役に立っていけるのだろう。
遅ればせながら、改めて考えている次第です。



スポンサーサイト