FC2ブログ
2014.06.30  大雨!!
昨日は、夏に備えて、愛車 Ducati の Multistrada 620(Moderatoって名付けました)をディーラーさんに持っていって整備に出しました。
出かける前、晴れてはいたものの、走り出したら何やら西の空が怪しい様子。
でもすぐ近所だからまだ大丈夫やろ。なんて思ったのがえらい豪雨に。
幸い、ディーラーさんでお話をしている時に雷と大雨が始まり、ぬれる事はなかったのですが、それにしてもあの雨はすごかったなあ。Monster乗りのお客さんが、全身ずぶ濡れで入って来て、
「雨雲から逃げる方に走ってたんだけど、つかまっちゃったよ。」
なんていってました。
小一時間雨宿りさせていただいて、愛車を預けて徒歩で帰ってきました。
そういえば、去年の北海道ツーリングは雨に祟られたなあ。
ほとんどの日程で雨だったし、道内最後の日も気温13℃で土砂降りの中、足寄から苫小牧東までブルブル震えながら走りました。あまりの寒さにたき火をしている農家さんを見つけて、あたらせてもらいました。たまたまそこが足寄でも有名なトウモロコシの農家さんで、羅臼から車で4時間かけて買いに来たという女性(美人)が
「ここのトウモロコシは特別ですよ。絶対おすすめです。」
なんておっしゃるので、買ってみたら、生で食べても驚きのおいしさ!何本かお土産に買いました。これも旅のおもしろさやね。雨と寒さで折れそうになっていた心をまっすぐに保てました。感謝!
フェリーで一泊して翌朝の仙台は晴れ。急に暑くなってしんどかったけど、まあ夏なんだからこうでなくちゃ、と走り出したら、また雲行きが怪しくなってきて、那須高原から佐野までは、ほんとに昨日みたいな豪雨でした。
嵐の中をバイクで走るのはもうこりごりやなあ。

去年は北海道行きの2週間前に、長野の駒ケ根にコンサートでいきましたが、その帰路、13時半頃に中央道から環八に入り、折からの帰省ラッシュで大渋滞にまきこまれました。
道路上の気温は推定40℃以上。バイクのエンジンは燃える熱さだし、ヘルメットに長袖長ズボンにブーツにグローブ。灼熱地獄です。15時すぎに田園調布の信号が青になってようやく走れるようになるまで、何度かフラフラで倒れそうになりました。実際、倒れててもおかしくない情況だよね。

悪天候に夏の暑さ、冬(じゃないけど冬みたいな)寒さ。ほんとにつらいけど、これがバイクなんだよな。
それでも乗りたいのがバイク。自由であることの喜びと厳しさ。両方を教えてくれるのがバイク。

今年はどんな旅が僕を待ってるだろう。
期待を胸に、整備に準備にそして貯金。
がんばりま〜す!!

mini_140425_1102.jpg
海老名SAにて。2週間ほどディーラーさんにいってメンテナンス中です。
はやく帰っておいで〜!





スポンサーサイト