FC2ブログ
 しばらくバイクの話をしていなかった。
その間、バイクから離れていたのかといえば、そうではなく、実はいろいろ紆余曲折があった。
愛車、緑馬ことKawasaki のW650 2004年限定車と惜別してからバイクとはきっぱり縁を切って、とはいかず、新発売となったW800に試乗してみたり、ネットで毎日あれやこれやと物色したりの日々だった。そして昨年の2月についにバイクを買ってしまった。
 どうしても4気筒のエンジンには興味が湧かず、ツインエンジンにこだわった結果、YAMAHAのTRX850で出物があったので中古の個人売買で購入した。facebookでは一度紹介したが、何故かこのブログでは記事にしなかった。どうして書かなかったのか不明なのだが、自分としてはとても気に入っていた。しかし何故かこのバイクを購入してすぐ膝の具合が悪くなり、お医者さんにかかりきりになってしまった。実に半年の間、足を引きずったり、杖をついたりしながらの生活を余儀なくされた。その間もちろんバイクには乗れなかった訳だが、8月の後半になってようやく普通に歩けるようになり、そして矢も楯もたまらず、8月の最終週に北海道ツーリングに出かけた。まあ常識的に考えて無謀だが、そもそも人生すべてが無謀だらけなので本人は気にしていなかった。ツアーの後半にある林道で道を間違えてUターンしようとしたとき、疲れもあって車重を支えきれず右に立ちゴケしてしまった。その際、傷めていた右ひざにタンクが乗っかってしまい、えらい痛みが走った。なんとか国道までケンケンしてたどり着いたものの、1時間待っても1台の車も通らず、途方に暮れていたとき、近所の農家さんが軽トラで林道を降りてきて僕を見つけて助けてくださった。本当に心から感謝しています。結局、バイクは東京まで送って、自分は帯広在住の大学時代の親友にお世話になり、飛行機で帰ってきた。当地のお医者さんは「骨に異常なし」と診断したものの都内の主治医には膝の一部骨折と十字靭帯損傷と診断された。X線写真とMRIでは診断の精度が違うのだろう。しばらく松葉杖での生活が待っていた訳だがこれも自業自得。それより、泊まっていた宿の方々や親友ご家族のみなさんに多大なご迷惑をおかけしたことをこの場を借りて、改めてお詫びし、ありがとうございました、とお伝えしたい。

 さて、今度こそバイクを降りるものと周囲の人は思ったらしいが、実はあの立ちゴケの直後から「もう少し軽くて重心の低いバイクに乗り換えたい」と考えていた。どうやら僕は森の石松級のバカらしく、またお金をためつつ新しいバイクを物色し始めた(周囲にはだまって)。
 そして今年の3月に。。。買ってしまいました!!
SN3S03240001.jpg
DUCATI Multistrada 620である。名前はまだない。

ここから「この道が空と出会うまで 2013」の幕開けだ。







スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://goinghome153.blog76.fc2.com/tb.php/170-4af786ac