FC2ブログ
2009.10.04   名月や
仲秋の名月。
夕べは、ゆっくりしている時間がなかったので、今夜じっくり月を見ている。

月を見ているのか、自分を見ているのか、わからなくなる。

月の饒舌さに負けないように、自分をさがしてみる。
そんなあわてた自分を見られているようで、勝とうなんて思わないようにしてみる。
それもまた、見透かされているようで、ああ、もう、お手上げだ。
わかった、わかった。俺は小さいよ。
この一月、自分の小ささと向き合っていくんだよな。
そうだろ。

まともに向き合って、歯が立たないときは、強いやつの話でも引っぱりだしてみるか。


うつくしや 障子の穴の 天の川


季節違いか。
しかし、おそるべし。  小林一茶。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://goinghome153.blog76.fc2.com/tb.php/20-1ddfa7be