フェリーの2等室の大部屋で目を覚ますと7時少し前だった。栄養を取っておいた方がいいので、少し高いが船内レストランの朝食バイキングにいくことにした。いってみるとすでに行列ができていたが、さほど待たずに中に入れた。こういうスタイルの食事で、若い頃のようにあふれんばかりのてんこ盛りにして、結局食べ過ぎたり、残してしまったりという失敗は避けたい。ところが僕は自分がどのくらい食べるのかが未だに正確にわからない。そこで同じくらいの世代の人がどのくらい食べようとしているのかを参考にしようと、さりげなく周りを見ると、ライダーと思しき人は意外にクールな分量で、逆に女性や悠々自適のクルマ旅行の人は、山盛りになっている。あるオバチャンなんぞ、それって一人分?と思う程ガンガンに積み込んでいる。ここはライダーらしく、スマートにサラダ、ヨーグルト、目玉焼きを少なめの量でとったが、習慣でどうしてもみそ汁とご飯、焼き魚にミニ納豆、きんぴらが欲しくなって追加したら、結構な量になってしまった。結果として少し多い目の朝食となったが、まあこのくらいの方がいいだろう。きっとお昼はコンビニおにぎりを食べられたらいい方だろうし、もしかしたらお昼ぬきで宿の夕食を迎えるかもしれない。朝食の後、部屋でのんびり出発の準備をしていたら窓からカモメが飛んでいるのが見えた。甲板に上がって海風に当りながら船の行く先を見たら、遠くに陸が見える。いよいよ北海道だな。IMGP0161.jpg
日付は相変わらずずれたままだ。
見ている間にどんどん港が近づいてくる。天気は薄曇りで、走るには涼しくていい。寝ぼけていた気分も変わる。さあ、きょうも頑張って走るぞ〜!

 どういうわけか仙台港の周辺の構造はわかっているが、苫小牧東港の構造が未だによくわからない。いつもいつのまにか遠ざかってしまう。今回も気が付いたら千歳方面への高速に乗っていた。出発時刻が例年より遅いので、のんびり走っていたら、夕刻の釣りができなくなるのだが、そこは焦らないことに決めた。千歳の手前で道東自動車道に乗り換えていつものペースで歌いながら走った。道東自動車道はガソリンスタンドが由仁PAにしかない。ここで満タンにしておくのがセオリーだ。由仁でガソリンを入れて、自分も何か食べようと思い、普段は考えもしないソフトクリームを選んだ。今回の北海道で初めての食事だ。やっぱり北海道。さすが北海道。クリームももちろんだが、コーンがとっても美味い。コーンの香りだけでも違いがはっきりわかる。IMGP0167.jpg
かわいい愛車 Moderato とあずきソフト。

 道東自動車道に入ってから、陸上自衛隊の一団と一緒になっていた。彼らも制限速度内で安全走行しているので、僕のペースと同じになるのだ。休憩の間隔も同じ。いつもトイレやベンチで自衛官の人たちと一緒になる。なんとなく会釈したらどの人も笑顔で返してくれる。北海道は新聞などリベラル派が強いというイメージを持っていたが、地元を守っている自衛隊に対する親近感も実は強いそうだ。何事も来てみないとわからないものだ。
IMGP0168.jpg
なんとも肩の力がぬけるオブジェ。いいねえ。奥には地図を見る自衛官。

もう一人、陸自の人たちとは別に、同じペースで走っている人がいた。2回目に休憩所で会ったとき、どちらからともなく言葉をかわすようになった。ヘルメットを脱ぐと同世代の人だった。HONDAの旧車に自作の荷台。使い込んだ愛車はよく見るとていねいに洗車されている。これぞライダーの鏡。派手なスーパーバイクに乗っている人よりこういう人に敬意を感じてしまう。話してみると青森の方で、函館から走ってきているとか。青森の話をいくつかうかがった。五所川原が地元だそうで、当地のねぶた祭りは「立佞武多(たちねぶた)」といって青森市や弘前市のものとは違って縦にながい(高い)ねぶたでその高さは20mを超えるという。一気に興味が湧いた。来年は8月の早い時期に東北に来てみようか、と思った。考えてみれば僕のロングツーリングのスタートは秋田だった。翌年、地震があって行けなくなり、北海道に変更したのがそもそもの始まりだったのだ。秋田と青森にはあれ以来いっていない。大事な忘れ物を思い出したような感覚になった。彼と分かれて足寄から弟子屈のいつもの宿へと向かう途中、来年の行く先を考えてうきうきしてきた。青森かあ。五所川原といえば太宰治。高校時代に読んだ「津軽」のたたみかけるようなあのリズムが頭に甦ってきた。

予想通り、夕刻の釣りは諦める時間になった。まあいい。2年前のシロザケがあまりに印象強く、こだわってしまうがあんなことは滅多にあるもんじゃなし。今日は安全にゆっくり走って、お風呂に入って、美味しい夕食を楽しもう。釣りは明日からだ。

いつもの宿で、お風呂の後、お楽しみの夕食。いつもの道内限定サッポロ・クラッシック・ラガーに加えて、今回初のサッポロ・黒ラベル限定版! これがまたみんなどれもこれも美味い!!
IMG_0192.jpg
何回もきているせいか、うちに帰ってきた感覚もある。

さて、明日は釣りだ。何杯もビールや焼酎を飲んで、挙げ句ご亭主から一杯ごちそうになり、勢いでまた飲んで、ベッドへは千鳥足で。(多分) 幸福な時間のうちに深い眠りに落ちたとさ。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goinghome153.blog76.fc2.com/tb.php/221-62163ed1