大晦日の内山チャンピオンのスゴイKOシーンの影響もあって、ここ最近、またYoutubeや古いDVDなどでボクシングの過去の名勝負などを観ながらうち酒を飲む機会が増えた。

そこでとても印象的な過去の一戦を発見した(僕が知らなかっただけだが)。
1982年7月(らしい)WBA世界 J ウェルター級タイトルマッチ(現スーパーライト級)
アーロン・プライヤー vs 亀田昭雄 
だ。あのハチャメチャ大王のプライヤーが日本人と対戦していたのを知らなかったとは僕もうっかりだった。
プライヤーについて少し紹介をしておこう。80年代の前半に活躍した中量級の世界チャンプで、その頃と言えば、レナード、ハーンズ、ハグラーにデュランを加えて「黄金の中量級時代」と語られるスーパーヒーローてんこ盛りの最盛期だ。彼らより少し軽いJ ウェルターにいたプライヤーはフェザーやライト出身のスーパーチャンプ、例えば3階級制覇のアルクシス・アリュゲリョらと対戦し、アリュゲリョの4階級制覇の夢を2度くじいたりしていた。荒々しいファイティングスタイルのせいか、素行の悪さからか、悪役的な売り出し方をしていたように記憶している。プロレスだけじゃなくリアルファイトのボクシングにも悪役は少ないが存在して、死刑執行人の格好をして入場するバーナード・ホプキンスや漫画はじめの一歩に登場するブライアン・ホークのネタ元「悪魔王子」ことナジーム・ハメドなどがこれにあたる。プライヤーも含め、みなとんでもなく強い。何もそんな演出しなくてもいいのに、と僕なんかは思っちゃうが、プライヤーも肩に猛禽類をのせてサーブルを持って入場とかしてたようだ。アリュゲリョとの2度目の対戦後、一時引退するが、薬物に手を染め、人生裏街道をまっしぐら。その後、リングと病院と刑務所を行ったり来たりし、90年代に薬物との縁を切り、教会の助祭になったらしい。ボクシングの技術的には、ナジーム・ハメドもそうだが、教科書に全くない打ち方とよけ方をする人で、変則ファイターといっていいだろう。アリュゲリョを2回もKOしているように王者時代は、まさに手がつけられないほどの強さだった。
このプライヤーに挑戦した亀田昭雄選手は長身のサウスポーで日本国内ではダントツの実力者だった。映像を見るとハーンズほどではないにせよ、逆三角形に鍛え上げた体はタイトル奪取にかけた意気込みを感じさせた。ただし、当時のプライヤーに日本人がかなう訳がない。5回目の防衛戦というから、絶頂期かと思う。致命的な怪我を負わないでなんとか無事にリングを降りて欲しい。そんな思いで試合を観たが、なんと1Rに亀田がダウンを奪う! 瞬時に立ち上がって猛反撃に出るプライヤーだが、動きが速すぎてレフリーがついていけない。逆襲される亀田とラッシュをかけるプライヤーの間にレフリーが割って入り、元気な方のプライヤーにカウントをする、という珍展開に。その後も、プライヤー優勢の中、随所にいいパンチを当てて攻勢に出ようとする亀田だが、なんせプライヤーが柔軟で、というか見た印象のまま言えばクネクネマンでいっこうにパンチが効かない。6Rまでにダウンを複数奪われ、ついにTKO負けとなった。
しかし立派である。あのトンデモ王者のプライヤーにひるまず、あそこまで健闘するとは!
この試合、僕の中では、3階級制覇(今で言えば5階級全団体統一制覇)を狙って適地で挑戦し、3回もダウンを奪いながら不可解な判定でタイトルを逸したファイティング原田さん、ライト級時代の宇宙1強いデュランに適地パナマで挑戦したガッツさんの試合と並んで、「負けたけどすごいぞ!」日本人世界戦のトップランクに入りました。

プライヤーvs亀田


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://goinghome153.blog76.fc2.com/tb.php/224-2f0eee3e